こんにちは!

ゆカフェ主宰の心理カウンセラーRan-Ranです♪

 

さて、先月(1/26)のゆカフェから、

癒し会場(1階)とは別の部屋での託児サービスが導入されました。

お陰様で、子育て真っ最中の方々から好評を頂いております♪

 

●完全別室での託児サービス導入理由

託児サービス|癒しイベントゆカフェもともと、同会場内に、

スタッフの見守り付のキッズスペースは設けておりました。

これも、お陰様で好評を頂いておりました。

 

でも、

どんなにスタッフが見守っていても、

お母さんの姿が見えれば、お子さんはそこへ駆け寄っていこうとします。

 

それは、とても自然なことですし、微笑ましい光景です。

でも、当のお母さんは、

施術者に対して申し訳なさそうに頭を下げたり、

追いかけてきたスタッフに頭を下げたり、、、

気分転換に起こし頂いたはずなのに、余計にストレスを感じさせてしまった場面も見受けられました

 

それに、会場内のキッズスペースだと限りがあり、

元気なお子さんには手狭…

 

お子さんにも、

子育て真っ最中の方にも、

より心地好くなれる方法はないものか…???

 

そんな風に考えた結果、

保育のプロである託児所さんにご協力を頂き、

完全別室での託児サービスを導入する運びとなりました★

ご協力頂ける「キャンディきっず」さん、本当にありがとうございます!!!

 

●“託児”への反対の声

託児|癒しイベントゆカフェとはいえ、世の中色々な意見があるものです。

「子どもがかわいそうだ。」

先月、そんなお言葉も頂きました。

 

色々な意見があるのは良いことですが、敢えて、反論させて頂きますね。

 

私は、

個人的な理想を当事者に押し付けるのは違うと思うんです。

 

母子が常に一緒であることを理想だと捉えているのだとしたら、

その理想を掲げている本人が、個人的にそれを貫けばいいだけです。

 

他人の心を想像もしないで、

自分の理想を他人に押し付けて、偉そうに意見をぶつけるのはご遠慮下さい!!

 

私は心理カウンセラーとして、

様々な親子のご相談を受けてきました。

その中で、親御さんを苦しめるのは、“勝手な他人”が本当に多いんです。

 

虐待、親子心中、、、

押しつけの理想で、

そんな悲しい事件が起こりうることを、どうかご理解ください。

 

「ゆカフェ」には、

有難いことにリピートして下さる方が本当に多いのですが。

その中には、

お子さんがお母さんに「ゆカフェへ行こう」と誘うケースもあります。

理由を尋ねると、

「お母さんが楽しそうだと嬉しいから♪」と答えていました。

 

大人が考えている以上に、子どもは大人なんです。

親を喜ばせたいと願うし、親への協力だって喜んでしてくれるんですよ。

 

●地域で子育て

託児|癒しイベントゆカフェ私がイベントを企画している中で、

『地域で子育て』というキーワードを大切にしています。

 

出来もしない理想、

口先だけの理想を押し付けるのではなくて、

子育て世代を温かく支えたい!!!

そう強く願っています。

 

子育て世代を支えることは、地域のお子さんを間接的に育てることになる!!!

そう心から信じています。

 

どうか、「ゆカフェ」に限りませんが、

“託児”について温かいご理解をよろしくお願い致します。

 

●託児ボランティア募集中!!

ボランティア|癒しイベントゆカフェ「ゆカフェ」では、

キャンディきっずさんと一緒に、託児サービスにご協力頂けるボランティアさんを募集しています。

有資格者が常に居りますので、

ボランティアさんの資格の有無は問いません

“地域で子育て”という考え方にご賛同頂ける方!!

1時間~2時間、お時間を下さい!!よろしくお願い致します♪

TEL:050-3825-2168(癒し空間Ran-Ran)まで、ご連絡お願い致します!!

 

最後までご覧下さり、ありがとうございました♪

地域の皆様から愛されるイベントとなるよう努めて参りますので、

今後とも応援よろしくお願い致します★

 

- Ran-Ran/鈴木貴子

 

心身ケア|癒し空間Ran-Ran地元に笑顔をっ★

この想いに賛同頂ける出店者を随時募集しています。
どうぞ、よろしくお願い致します!(^^)!

心理カウンセラー Ran-Ran